6月20日の横浜市歯科医師会代議員会をもって、8年間の横浜市歯科医師会理事の役職を退任しました。

これまで、横浜市歯科保健医療センターの障害者歯科診療部門の拡充や、横浜市民の健康計画「健康横浜21」に歯科保健を新たに位置づけたり、医療計画「よこはま保険医療プラン」に在宅歯科医療・糖尿病医科歯科連携・がん医科歯科連携を推進することを、この8年間で達成することが出来ました。

この活動は、全国的にみても先駆的な成果だと思っています。一緒に活動してきた、田代先生、吉田先生もそろって卒業です(ピンぼけしちゃいました)。

この経験を、地域の住民の皆様に地域保健医療活動を通して活かしていきたいと思います。

横浜市歯科医師会の役員を卒業しました