センター北駅から徒歩1分 港北ニュータウンにある歯医者
rss
お問い合わせ電話045-910-1881ネット予約(初診の方) ネット予約(歯科衛生士専用)

矯正歯科・マウスピース矯正

【矯正治療は、7月よりセンター北こども&ファミリー歯科でおこなっています】

矯正治療は最大の予防歯科

口腔育成・予防矯正

歯並びや咬み合わせが悪いことを不正咬合と呼びます。 これは、あごの発育や歯のサイズ、歯の生える位置に問題があることで起こります。中には、上あごや下あごの位置関係にズレが生じ、顔のバランスが悪くなるケースもあります。 こういった子ども達は、食べ物をよく噛む、うまく飲み込む、話すといったお口の機能(口腔機能)の発達が弱いことがあります。また、口呼吸をしていて呼吸機能が低下していたり、正しい姿勢を保てないといった機能の異常もみられます。このような機能の低下は、子供たちの成長に悪い影響を及ぼします。   「口腔育成・予防矯正」とは、顎を拡大する矯正装置を使用しながら、一緒にロのまわりの筋肉トレーニングや習癖を改善して子供たちの不正咬合(乱れた歯並び)を早期に治療するシステムです。 不正咬合の原因となる舌癖・低位舌、食習慣、姿勢、ロ呼級や異常嚥下(えんげ:飲み込み)などの悪習癖を治療することで、本来子供が持っている、正しい口腔機能の発育を促します。 そのため、歯ならびが改善した後の後戻りは少なくなり、また、呼吸を改善することは歯並びだけでなく健康面においても大きなメリットがあります。 咬合誘導

Memo

歯並びには、食事のとり方も重要!(伊藤学而先生 元日本矯正学会会長) (1)週に1回は、家族揃って食事をしよう。 (2)テレビを消して、食事と会話を楽しもう。 (3)料理のこと、今日楽しかったことを話題にしよう。 (4)食事は頬張らず、ゆっくりよく咬んで食べよう。 (5)1番遅い人のペースに合わせて食べよう。 (6)「サッサと食べなさい」は禁句にしよう。 (7)水、お茶、ジュース、清涼飲料は食後に飲もう。

歯列矯正

当院では、乳幼児期から口腔機能発達支援を中心とした「口腔育成・予防矯正」部門と、最新のマウスピース矯正(インビザライン)による「矯正歯科」をおこなっています。 マウスピース矯正の適応ではない難症例については、東京医科歯科大学歯学部附属病院矯正認定医が対応しています。 また、長年の予防歯科システムによる矯正治療中のむし歯や歯周病の重症化予防にも取り組んでいます。

  • 年齢が・・・
  • 治療期間が長いのがちょっと・・・
  • 装置が見えるのがちょっと・・・

と言ってあきらめるのは早いです。 一度ご相談を。

最新のマウスピース矯正 インビザライン

『インビザライン』は、1997年にアラインテクノロジー社によりアメリカで生まれた、全く新しい考え方のマウスピースによる矯正治療法です。 審美意識の高いアメリカらしく、目立たずに矯正治療ができるというのが大きなコンセプトです。日本では、2006年ごろから導入されています。 従来の金属ワイヤー矯正と比較すると、ほとんど目立ちません。また、裏側矯正(舌側矯正)のように、目立たないけれども口の内部に複雑な装置が入ることもなく、矯正治療の間もかなり快適に過ごすことができます。痛みもワイヤーに比べると少ないことが多く、年々マウスピースの素材の質も上がっており、ワイヤーでないとできない、ということもなくなってきています。 2018年現在、世界で延べ600万人もの人が治療を受けている『インビザライン』はマウスピース矯正の老舗であり、トップランナーでもあります。 アラインテクノロジー社が提供するマウスピース矯正のライセンス(免許)は従来の全体矯正用の『インビザライン』と、2018年に正式リリースされた前歯矯正用の『iGO』があります。

矯正治療の流れ

初診相談

問診、視診などによる治療開始時期の説明など。

検査

歯型、頭部、歯のレントゲン、あごの運動検査など。

診断

検査より、どの部分が原因か判断。治療方針を決定。

むし歯の処置、抜歯など

装置装着、治療開始

矯正治療料金(消費税込み)

4歳前後の反対咬合の場合

診断料+治療費 ¥66,000

お子様(3〜9歳前後)口腔育成・予防矯正の場合

検査・診断料 ¥5,500
混合歯列期(第1期) ¥330,000
[計] ¥335,500

インビザラインの場合

検査・診断料 ¥5,500
インビザライン ¥495,000
[計] ¥500,500

矯正専門医による、子どもの歯列矯正を行った場合

検査・診断料 ¥44,000
混合歯列期(第1期) ¥330,000
混合歯列期(第2期) ¥385,000
保定装置料 ¥55,000
[計] ¥814,000

矯正専門医による、永久歯列、成人の歯列矯正を行った場合

検査・診断料 ¥44,000
永久歯列期 ¥715,000
クリアブラケット加算 ¥55,000
保定装置料 ¥55,000
[計] ¥869,000

矯正専門医による、裏側の装置を用いてワイヤーによる歯列矯正を行った場合

検査・診断料 ¥44,000
特殊検査料 ¥33,000
永久歯列期 ¥715,000
舌側矯正加算 ¥550,000
保定装置料 ¥55,000
[計] ¥1,397,000

※専門医による矯正治療は、上記の治療費に毎回の処置料が加算されますのでご了承ください。

参考資料

顎を正しく育成しましょう

顎を正しく育成しましょう

詳しくはこちら

矯正するとこんないい事があります

矯正するとこんないい事があります

詳しくはこちら

歯並び治してみませんか?

歯並び治してみませんか?

詳しくはこちら