横浜市都筑区 センター北駅 港北ニュータウンにある歯科医院
rss
お問い合わせ電話045-910-1881ネット予約(初診の方) ネット予約(歯科衛生士専用)

小児歯科・口腔機能発達育成

こどものカラダと心を育てたい

子どものための治療とは?

こどものカラダと心を育てたい大人でも歯科医院は怖い場所です。お子さんも知らない場所・知らない人・器械がこわい・何をされるかわからないといった不安でいっぱいです。
子供だけ、いやがるからとおさえつけて強引に治療をおこなうことは、むしろ歯科治療に対する恐怖心をましてしまうだけです(トラウマ)。

治療を強行しないで、歯磨きのトレーニングなどおこないながら歯科治療に慣れるトレーニングをおこない、お子さんの成長をのばし可能な限り納得させてから治療をすすめていきます。虫歯は進行を抑制する薬品でコントロールいたします。

おさえつけないで治療できるようになると次第に自信がもてるようになり、お子さんも治療に積極的となり今後の予防処置も効果的となるようです。(この方法でほとんどのお子さんの治療は対応できましたので当医院には、おさえつけるネットがありません。子供に嫌われない歯科医院をめざしていきたいと思います。)

Memo

当院では、虫歯の原因をご理解いただき予防を中心とした原因治療が重要と考えています(もちろん、痛みなどの緊急処置については、すみやかに行います)。

したがって多くの場合、治療に慣れるトレーニングをおこなうため他の歯科医院に比べ、初回の治療期間が長くなる傾向にありますが、どうぞご了承ください。
(他にお子様がいらしたり、お仕事のご都合などで通院に制限がある場合はどうかご遠慮なくご相談ください。)

子供の予防歯科 理論に基づいた予防歯科システム

先進国5歳児の虫歯の本数が、
日本だけきわめて多いのはなぜでしょう?

子供の予防歯科それは、治療志向の(ただ虫歯を削って詰める)歯科医療が原因と考えます。
当院では、ただ虫歯を削るだけの治療をするのではなく、虫歯にならないように予防に力をいれ、お子さんの健全な永久歯列の完成をめざして、ご家族の方々と協力してまいりたいと考えています。
たとえ乳歯が虫歯でも、永久歯を虫歯ゼロにしていくことが治療の目標なのです。
当医院では、むし歯予防先進北欧のシステムを取り入れています。予防治療は私たちスタッフの力だけでは達成できません。保護者のかたにご協力いただき適切な歯磨き、フッ素や食事管理などホーム・ケアをちゃんとやっていただければ虫歯の予防効果がはかれます。
むし歯はある特定の細菌による感染症で生活習慣がその発症に大きく影響を及ぼします。
お子様と保護者が一緒に参加しましょう。

Memo

むし歯はある特定の細菌による感染症で生活習慣がその発症に大きく影響を及ぼします。お子様と保護者が一緒に参加しましょう。

マイナス0歳から予防は始まっています!

むし歯の原因菌であるミュータンス菌(MS菌)は、
実は母から子へと感染します。

但し、出産時に産道から感染することはなく、生まれてきた赤ちゃんの口の中は善玉菌だけで、MS菌はありません。
問題なのは、赤ちゃんが生後19~31ヶ月の間に、母子のスキンシップ、例えば食事時に同じスプーンを使って食べさせるなどの行為によって、垂直感染してしまうことです。歯が生える時期になったら、母子感染の注意が必要です。

お子様へのむし歯菌感染低減プログラム

お子様のむし歯菌感染低減プログラムお母様の口の中にMS菌が多いと、むし歯菌がたくさん感染し、むし歯になりやすくなります。母子感染を防止するための理想的な予防としては、お母様が妊娠をする以前に、遅くとも子育てに入る前に、むし歯菌の量や質をコントロールすることです。
当院ではお母様の虫歯菌低減療法のプログラムをご提案いたしますのでお気軽にご相談ください。

むし歯の原因菌、ミュータンス菌の母子感染

むし歯の原因となるミュータンス菌(MS菌)は、産まれたばかりの赤ちゃんの口の中には存在しません。ミュータンス菌を持っているお母さんが、赤ちゃんに口移しで食べさせたり、大人が使った箸で赤ちゃんに食事をさせたりすると、細菌が増えて行きます。
生後1歳から3歳がむし歯菌の住み着く時期です。しかし、お母さんと赤ちゃんのスキンシップをやめる事はありません。お母さんのむし歯の治療やむし歯にならないような予防が大切なのです。
お子様のむし歯予防には、まずはお母さんのお口の健康がなによりも大切です。

・むし歯の原因菌 ミュータンス菌の母子感染

 詳しくはこちら
ミュータンス菌の母子感染

・母子感染の予防

 詳しくはこちら
母子感染の予防

口腔機能育成

お口の機能の発育

お口の機能の発育「食べる」・「話す」といったお口の機能は、ヒトが本能として身につけている機能ではなく、乳幼児期に学んで獲得していくものです。そして、この機能の発達は、食べ方や生活習慣が大きく関与しています。
特に食べ方の発達には、個人差が大きいのが特徴で、食べる機能の発達応じた「食育」の視点が必要と考えます。

しかし、核家族化の中では、養育者への的確な助言をあたえる年長者が少なくなり、少子化にともなう過保護的な育児が、かえって、正しい「食べ方」、「食べる意欲」や「味覚」の発達を阻害していると言われています。

そのため、最近の子どもたちは、お口のまわりの機能を使わずに育つことで、「舌」や「唇」など筋力が弱くなっています。

最近の子どもたちは、舌でガムを丸めたり、ゴム風船を膨らませることが出来ません。

お口の機能の発育1

お口の機能発達の低下に伴う問題

お口の発達が弱いと、「歯並び」や「口のまわりも形態」に影響するだけでなく、飲み込みの機能の発達不全・いびきや睡眠時無呼吸症候群・アレルギー疾患などにも影響があると言われます。
お口の機能発達の低下に伴う問題

保護者による口腔機能事前チェック

●口呼吸

  • 気が付くといつも口が開いている

  • 鼻が詰まりやすい
  • 口が乾きやすい
  • イビキをかきやすい
  • 口を閉じると苦しく感じる
  • 風邪をひきやすい
  • 朝起きた時喉がカラカラになる
  • 口臭が気になる
  • 食事の時にクチャクチャ音を立てる
  • 口がへの字

●低位舌(舌の先端が下顎前歯の裏側にある)

  • 普段の舌の位置は歯と歯の間から出ている、あるいは下の前歯を押している
  • 舌の脇に歯形のようなへこみがある
  • 舌苔がたまりやすい

●口唇の筋力

  • 普段口唇を開けている
  • 口唇を閉じると筋肉が緊張し、オトガイ部(下顎の先)にシワができる
  • 歯磨きの後のブクブクうがいができない(すぐ吐き出す)
  • 口唇を閉じるとヘの字になる

●発音

  • サ行やタ行を発音するとき歯と歯の間から舌が出る(“th”になる)
  • 会話時に舌がよく見える

●嚥下(飲み込み)

  • 水を飲むとき舌が歯と歯の間から出てコップを迎えにいく
  • 水を飲み込むとき前歯で舌を咬む
  • 水を飲み込むとき口唇に力が入る
  • 錠剤の薬が飲みにくい(水ばかり飲んでいる)

当院での口腔育成の取組

当医院では、口腔機能の発達に向けて、舌のくせ、食べ方、カラダの姿勢、飲み込みなどのくせや、食事や生活習慣の説明をいたします。

矯正治療と異なる「口腔育成」

「矯正とは?」・・・・・ 大辞林では「欠点などを正しく改めさせること。まっすぐに直すこと。」

歯列矯正とは、不正となった歯並び(不正咬合)を治す治療のことです。
「口腔育成・予防矯正」とはトレーナー装置というマウスピース型の矯正装置を使用しながら、一緒にロのまわりの筋肉トレーニング(筋トレ)をして子供たちの不正咬合(乱れた歯並び)を早期に治療するシステムです。

不正咬合の原因となる舌癖・低位舌、食習慣、姿勢、ロ呼級や異常嚥下(えんげ:飲み込み)などの悪習癖を治療することで、本来子供が持っている、正しい口腔機能の発育を促します。
また、呼吸を改善することは歯並びだけでなく健康面においても大きなメリットがあります。

矯正治療と異なる「口腔育成」姉
矯正治療と異なる「口腔育成」妹

上の写真は姉妹ですが、二人は成長して全然違う顔になりました。

原因は、口呼吸と舌癖です。 姉のサマンサ(左)はいつも口を開けていて、口を閉じる訓練もちゃんとおこなわなかったので、口元がきれに成長せず、口を閉じると下あごの先に梅干しのようなシワができてしまうようになりました。

妹のケリー(右)はいつも口を閉じていたので、11歳になる頃にはとてもきれいな口元に成長したのです。

食事も大事 気をつけたい食習慣10か条

  • テレビを消して食事に集中
  • 椅子の高さを合わせ、姿勢を安定
  • 早食いを避け、ゆっくり味わって食べる
  • 前歯で噛みとる習慣
  • 1回の取り込み量を少なめに
  • 口を閉じて咀嚼する
  • 水分で食塊を流し込まない
  • 空腹を生む生活習慣を工夫する(遊び・間食・飲料・就寝時刻など)
  • うす味習慣で味覚を育てる(舌温)
  • 家族一緒に楽しくおいしく食べる

管理栄養士による離乳食相談

前歯を使いましょう口腔の発達は、食事の摂り方や、食べもの形態など食習慣にとても影響を受けます。離乳食から全ての年齢にあわせて、お母さまたちの悩みに管理栄養士がお答えします。

唐揚げ

から揚げは大きく

骨付き肉

骨付きの肉もガブっと!

野菜

野菜を大きく切る

肉巻き

薄切り肉は巻いて

ポトフ

水分の多いメニューの野菜も大きく