横浜市都筑区 センター北駅 港北ニュータウンにある歯科医院
rss
お問い合わせ電話045-910-1881ネット予約(初診の方) ネット予約(歯科衛生士専用)

がん医科歯科連携

がん医科歯科連携

私たちは、がんチーム医療として、がん治療に積極的に口腔ケアを取り入れ、手術後の感染や化学療法・放射線療法の口腔からの合併症軽減を目指し、がん支持療法としての口腔ケアを提供いたします。

現在、がん治療は、手術手技の向上や、抗がん剤や放射線治療などの進歩により、良好な治療成績が得られるようになりました。
その一方で、非常に多くの患者様が、治療で生じる口腔粘膜炎(口内炎)や口腔乾燥、味覚異常、さらには歯性感染症など、口腔のトラブルで苦しんでいるという事実があります。
中でも口内炎は、抗がん剤の副作用として比較的頻度が高く、約40パーセントに起きるといわれています。いったん発症すると治療に時間がかかり、重症化すると抗がん剤治療を続行できなくなったり、薬剤の量を減らさなければならなくなったりすることもあり、治療そのものにかなり影響を及ぼす副作用の1つです。

そこで、がんチーム医療のなかに歯科の役割を明確に位置づけ、がん治療に積極的に口腔ケアを取り入れ、手術後の感染や化学療法・放射線療法の口腔からの合併症軽減を目指し、がん支持療法としての口腔ケアを提供できるよう医科と連携しています。
米国では全身化学療法や、頭頚部や上部消化管の放射線治療を受ける場合は、「がん治療を開始する前から、歯科治療や口腔ケアをうける」という意識が一般的になっています。
国立がんセンターと日本歯科医師会が歯科医療で連携し、歯科医の協力でがん患者の合併症を予防しています。

【関連リンク】

食道がん開胸開腹術後の肺炎予防

静岡がんセンター
(2002-2008年)
口腔ケア未実施*
(1981-1999年)
開胸開腹術 総数
191例

118例(男性109例)
平均年齢
65歳

63歳
術後肺炎(誤嚥性肺炎を含む)
11.0%

32.2%
術後の呼吸不全
2.1%

16.9%

(*: Kinugasa, et al. J. Surg. Oncol, 2004)
静岡がんセンターでの食道癌の術死は0%、在院死は約0.5%

口腔ケアによる平均在院日数の短縮

口腔ケアによる平均在院日数の短縮