横浜市都筑区 センター北駅 港北ニュータウンにある歯科医院
rss
お問い合わせ電話045-910-1881ネット予約(初診の方) ネット予約(歯科衛生士専用)

院内設備

医院設備の紹介(医院建築のこだわり)

体に優しい診療空間

体に優しい診療空間

治療ブースには空気清浄機を設置内装は、無ホルムアルデヒド、低ホルムアルデヒドを、また、そうした物質を吸収・低減させるものを使用。

個室タイプの診療室

個室タイプの診療室

患者さんの気持ちになって、治療ブースと予防ブースを分離し個室タイプにしました。チェアーサイドのモニターはレントゲンだけでなく、DVDも観覧できるようになっています。

相談コーナー

相談コーナー

初めて受診されときのカウンセリングや、治療法の相談をおこなうスペースです。患者さんが緊張されることなく、何でも話し合えるためのスペースです。

手術用顕微鏡を設置した診療室

手術用顕微鏡を設置した診療室

大学病院外来手術室基準の設備を設置しています。ここでインプラントや口腔外科手術を行います。手術用顕微鏡は、内蔵ビデオカメラからモニターに転送された画像を見ながらの診断治療が可能です。

歯科用CT

歯科用CT

ドイツのシロナ社製「オーソフォスXG 3D」という最新診断機器を新しく導入いたしました。このCTは低被ばく(通常の1/30)で、3次元撮影が可能となり、より高度で正確な治療計画を立てることができるようになりました。

AED

AEDと生体監視モニター

持病をお持ちの方の歯科治療や、静脈内鎮静療法時に血圧、心拍数や末梢血酸素飽和度を測定させて頂き、安全に治療をおこないます。AEDも設置しています。

器具の消毒・滅菌

手袋、紙トレイ、エプロン、コップは使い捨て

お口の中に入れる器具は、すべて消毒・滅菌いたします。グローブ(手袋)や紙コップやエプロンなどディスポーザブル製品を使用しています。すべて、患者さん毎の交換は当然です。

機器の消毒・滅菌

機器はすべて消毒・滅菌

歯を削ったり、歯石をとる機器も患者さん毎に、消毒・滅菌して交換いたします。

口腔外バキューム

口腔外バキュームと空気清浄機

各治療室へは空気清浄機を設置するとともに、飛散予防のため口腔外バキュームを使用。

歯科用顕微鏡

歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)

肉眼の数十倍に拡大して患部を見ることのできる歯科用顕微鏡を常設しています。歯の根っこの治療(根管治療)時などに使用いたします。

レーザー治療器

レーザー治療器

歯周病治療などに使用するレーザー治療器を導入しています。

電動麻酔器

電動麻酔器

無痛治療の一環として電動麻酔薬注入器を使用しています。温めた麻酔薬をゆっくり注入することで、麻酔時の痛みを最小限に抑えることができます。

ダイアグノデント

ダイアグノデント

歯質に当てたレーザーの反射光を読み取り、削らずに小さな虫歯を感知することができるダイアグノデントを取り入れています。歯の健診の際の虫歯チェックに使用します。

高圧蒸気滅菌器 LISA(クラスB)

高圧蒸気滅菌器 LISA(クラスB)

ヨーロッパで最高ランクといわれるクラスBの滅菌器であるLISAを導入し、当院では、すべてLISAで滅菌処理をしてい感染予防に努めています。

嚥下内視鏡

嚥下機能をしらべる内視鏡(ファイバースコープ)です。咽頭・喉頭の異常の有無をしらべます。

治療ゾーン

治療ゾーン

当院では、予防歯科ゾーン(メンテナンスケア)と治療ゾーンに診療室を分けています。全て個室タイプの診療室になっています。

キッズスペース

キッズスペース

お子様が遊びながら待っていられるキッズスペースをご用意しております。

当院は、「歯科外来診療環境体制基準歯科診療所」です。

国が定めた、緊急時・感染症対策等の施設基準をクリアしています。

院内感染予防システム EPIOS(エピオス)

当医院では、うがい水・手洗い水や医療機器からの注水は、EPIOS(エピオス)という電解中性殺菌水自動供給システムを導入しております。(詳しくはこちら)

電解中性殺菌水とは?

食塩水を電気分解した時にでる水で、殺菌の主成分である次亜塩素酸を中性領域でコントロールし、優れた殺菌力を有します。食塩水を電解分解して生成されるため、残留性もなく環境にも優しく、人体に無害で、各種消毒薬より安全であり、皮膚や粘膜組織などに対する影響もありません。
内視鏡・手術機器・透析装置など医療機器の消毒、手術の創部や褥瘡、痔、水虫、アトピー性皮膚炎の消毒・治療だけでなく、厨房での食材、鮮魚の洗浄、無農薬栽培、畜産などで広く安全かつ有効に利用されています。

当院では、診療室全体にこの殺菌水を使用して、院内感染を予防しています。ほとんどの細菌・カビ・ウィルス(B型・C型肝炎ウィルス・ノロウィルス・HIV・MRSA・インフルエンザウィルス・O-157、カンジタ菌など)を瞬時に殺菌することが可能で、安心して治療を受けていただけます。

また、うがいの水に使用すると、感染予防になり、口の中の病気も早く治りますし、歯科衛生士がおこなうクリーニングでも歯周病菌やむし歯菌にも有効とされています。

消毒・滅菌システム

消毒・滅菌システム使用した器具は、中性機能水による食洗機で自動洗浄し、この段階で、ほとんどの病原性の微生物を死滅させます。さらに、歯科で使用されている滅菌器よりもさらに厳しく、医科の規格に準じたヨーロッパ基準で最も厳しい基準をクリアしたクラスBオートクレーブを使用した感染予防システムを講じています。

医院の技工物について

当院の技工物は、国内の技工所において、厚労省に認可された金属・材料のみ使用しています。中国製の技工物は使用していませんのでご安心ください。

エピオスについて

歯科治療時の水道水の危険

当院では残留塩素濃度補正システム EPIOS ECO SYSTEM(エピオス エコシステム)を導入し、院内での医療行為に使用するお水はすべて、衛生的な歯科治療水を使用しています。

一般的に、歯科医院では、大量のお水を使用して歯の治療にあたっています。
実は昨今、この治療時に治療ユニットサイドから出てくるお水が社会問題になっております。それは治療時に使用するお水として、水道水を使い治療をするケースです。

水道水には、多少なりとも細菌が含まれている場合があります。法律では、水1ccあたり細菌の数が100個以内でなければならないと定められていますが、水道水を歯の治療時に使用すると、この法律に抵触する場合があるのです。
さらに、歯周病治療など、細菌コントロールを必要とする歯科治療においては、汚染された水で治療にあたることは本末転倒となってしまいます。

又、この水道水が流れる給水管の中は、細菌などによるネバネバした膜(バイオフィルム)を作ってしまう恐れがあります。シンクが汚れるとネバネバしてしまう状態と同じです。たとえ、飲料用の水道水だとしても、バイオフィルムで汚れた給水管を通った治療水が患者さんのお口の中に入るのは、こちらも本末転倒になってしまいます。

POICウォーターとは

POICウォーターとはそこで当院は残留塩素濃度補正システム EPIOS ECO SYSTEM(エピオス エコシステム)を導入し、歯科治療に関わる全ての水に、強い殺菌力を持つPOICウォーターにして歯科治療にあたっています。POICウォーターとは、人間の血液中にある免疫成分の次亜塩素酸(HOCL)という成分を高重度の塩と水をつかい、電気分解してつくった電解機能水です。(食品添加物認可)

エピオスの仕組み

残留塩素濃度補正システム EPIOS ECO SYSTEM(エピオス エコシステム)を通ったお水は、残留塩素濃度を適正に保ち、衛生的な歯科治療水を提供します。生成される水は、電解中性水・中性機能水・中性殺菌水などと呼ばれるもので、高い殺菌力をもつ安全性の高い治療水です。エピオスを通すと、10秒以内に細菌は死滅します。ウィルスも30秒以内にほとんど死活します。また、水道水質基準項目をクリアしています。下水道排除基準にも合致しています。POICウォーターは、洗浄・除菌と殺菌の2つの機能をもっており、汚れを分解洗浄した後に殺菌力がアップする画期的な歯科用機能水です。

エピオスエコシステム