私(堀元)が編集した『口腔内の病変・異常に気づく観察眼を養おう』が、デンタルダイヤモンド社から発刊されました。
歯科衛生士は患者さんのちょっとした変化に気づくことができる立場にあり、そうした変化を発見・報告することは、歯科衛生士の大切な役割の一つです。こうした役割を果たすためには、患者さんの口腔内で起こるさまざまな病変や異常に“気づく目”、あるいは“見分ける目”が必要となります。そういった観察眼を養うことを目的にした内容の雑誌です。

私だけでなく、当医院の渋川歯科衛生士も「食育」についてコラムを執筆しています。

手前味噌になりますが、臨床の第一線の先生方に執筆していただいたので、歯科衛生士だけでなく歯科医師向けにも参考になる雑誌となりました。