健康寿命の延伸を目指して、横浜市では介護予防事業が運営されています。

そこで、横浜市健康福祉局では、地域の中で介護予防事業を効果的に展開していくために必要な基礎知識を習得することを目的として、区職員及び地域包括支援センター職員を対象とした研修実施しています。(今回も約180名の方が受講されたそうです。)

その中で、 高齢期における口腔の課題、口腔ケアに関する基礎知識について、当院の堀元が毎年担当しています。

口腔の健康の重要性は、受講者かたからの感想からも理解してもらえたようです。

以下、健康福祉局の担当者からのメールです。

堀元先生

お世話になっております。
本日は、分かりやすくて興味深い講義をありがとうございました。
参加者のみなさんからも大好評でした。

「口腔ケアの必要性がよく分かったので、もっと地域で普及啓発していきたい!」
「高齢者の講座等に口腔ケアに関する内容も取り入れたい。」
「普及啓発の必要性がとても良く分かった。」などなど、
参加者アンケートからもたくさんのご意見をいただきました。
中には、「口腔ケアが人生を決めてしまうと思った」なんて意見もありました。

私自身、介護予防における口腔ケア(口腔機能向上)の大切さを
改めて実感できました。
やはり、堀元先生に講師をお願いして良かったと思っております。
本当にありがとうございました。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。