がん治療の最前線では、手術手技の向上、抗がん剤や放射線治療などの進歩により、良好な治療成績が得られるようになりました。

その一方で、非常に多くの患者様が、治療で生じる口腔粘膜炎(口内炎)や口腔乾燥、味覚異常、さらには歯性感染症など、口腔のトラブルで苦しんでいる事実があります。

なかでも口腔粘膜炎は、抗がん剤の副作用として比較的頻度が高く、約40パーセントに起きるといわれています。いったん発症すると治療に時間がかかりますし、重症化すると抗がん剤治療を続行できなくなったり、薬剤の量を減らさなければならなくなったりすることもあり、治療そのものにかなり影響を及ぼす副作用の1つです。

横浜市歯科医師会では、がん治療に積極的に口腔ケアを取り入れ、手術後の感染や化学療法・放射線療法の口腔からの合併症軽減を目指し、がん治療の支持療法としての医科歯科連携を推進しています。

口腔ケア読本は下記URLよりダウンロードして下さい。

http://www.yokoshi.net/?p=2107