炭酸飲料水や果汁入りのジュース、スポーツドリンクなど、全国清涼飲料工業会の情報によれば、1人あたりの飲む量も年々増えています。確かにおいしい商品が多いので、思わず手を伸ばしてしまいますよね?

ただ、実はこの清涼飲料水、女性が飲み過ぎると脳梗塞(こうそく)のリスクが高まる可能性があるとご存じでしたか? そこで今回は、独立行政法人国立がん研究センターが行った調査(多目的コホート研究)の結果を基に、清涼飲料水の飲み過ぎによるデメリットをまとめたいと思います。

■脳梗塞のリスクが1.83倍高まる!?

男女約4万人を18年ほど追跡した、国立がん研究センターの大規模な研究で、清涼飲料水をほとんど飲まない女性と、ほぼ毎日飲んでいる女性を比較したところ、飲んでいるグループは1.83倍も脳梗塞に罹患(りかん)していたと分かりました。

現状で清涼飲料水と病気の関係は正確に分かっていないそうですが、脳梗塞は脳の血管が詰まって起こる深刻な病気なので、ちょっと気になりますよね?

また、糖質の多い清涼飲料水を水分補給の目的で日常的に飲んでいると、肥満や糖尿病のリスクも高まるので、注意しましょう。

■清涼飲料水にはどの程度の糖質が入っているのか?

では、実際に清涼飲料水にはどの程度の糖質が入っているのでしょうか?

清涼飲料水に含まれているエネルギー量(単位はカロリー)をスティックシュガーの本数で表した一覧表が厚生労働省によって発表されていますが、コーラなどの炭酸飲料はスティックシュガー14本分、コーヒー乳飲料は12本分になります。ちょっと怖くなるくらいの糖質が含まれているのですね。

そうした清涼飲料水を毎日飲み続ければ、さまざまな健康被害のリスクが心配になります。清涼飲料水ののど越しや味は捨てがたいですし、ちょっとした休憩や気分転換に不可欠な飲み物ですが、大量に飲み過ぎると健康上のトラブルも心配になってきます。

毎日飲んでいる人は可能な範囲で水やお茶に切り替えるなど、水分補給のやり方を考え直せるといいですよね?

 

以上、清涼飲料水の飲み過ぎはむし歯のリスク要因ですが、脳梗塞のリスクでもあるのですね livedoorNEWSより引用しました