最近、歯科医院の歯を削る器具の注水系統の細菌汚染と感染の危険性について新聞報道がされました。多くの歯科医院では、アルコールで清拭する程度で消毒滅菌を行わないことや、注水系統内の滅菌がなされていないという内容です。
当院では、歯を切削する器具や注水や空気をかける器具は、患者さんごとに毎回消毒滅菌したものを使用しています。また、うがい水・手洗い水や医療機器からの注水は,ほとんどの細菌・ウィルスを10~30秒以内に殺菌・不活化する「電解中性機能水エピオス」を使用しています。食塩水を電解分解して生成されるため、残留性もなく環境にも優しく、人体に無害で、各種消毒薬より安全であり、皮膚や粘膜組織などに対する影響もありません。

その他、ピンセット等の手用器具、リーマー等の根管治療器具、外科手術器具、バー類(ドリルの先端の器具)等はすべて患者さんごとに滅菌して使用しています。グローブ、エプロン、コップ等はディスポーザブル(使い捨て)のものを使用しています。 内装は、無ホルムアルデヒド、低ホルムアルデヒド建材や、そうした物質を吸着・低減させる材料を使用して、空気清浄機を配備しクリニック全体を体にやさしい空間としており、口腔外バキュームを使用することで感染物質の飛沫飛散も防いでいます。

厚生労働省が定めた院内感染対策をおこなっている歯科診療所は、「歯科外来診療環境体制基準歯科診療所」と認定されています。

「歯科外来診療環境体制基準歯科診療所」は、下記のサイトより確認できます。

http://kansenboushi.com/05/神奈川県/