NHK総合テレビの「プロフェッショナル仕事の流儀」に、山形県酒田市で開業されている、熊谷崇先生が出演されました。

熊谷先生は、予防歯科(メインテナンス)の概念を日本で最初に導入された方のおひとりです。

私は、開業前後の時期に熊谷先生たちが始めた研究会に参加して、予防歯科の考え方を学びました。(熊谷先生も若く、こぢんまりとアットホームな研究会で、「住民の口腔の健康をみんなで守ろう」と熱く語っていました。)

私も熊谷先生の教えを守り、「痛みがなければ、まずは細菌感染のコントロール(クリーニング)をして、口腔の環境が整ってから治療しましょう」と開業当初から患者さんに一生懸命説得しました。まだまだ予防の概念がない時代でしたから「今日は歯も削らずに終わるの?」と患者さん方はおしかりを受ける時もありましたが、予防歯科先進国北欧のシステムと熊谷先生たちのデータを信じてやってきました。

今では、当医院でも定期的にメインテナンスに通われる方が増え、予防歯科の概念も浸透してきましたが、熊谷先生の放送を見て、もう一度あの頃の気持ちを思い出して、今の熊谷先生の年齢までは頑張らなければと気が引き締まりました。