当院では、インビザライン(マウスピース矯正)のための口腔内スキャナー(iTero)を利用していましたが、あらたにTrios4も導入しました。

 これまで、お口の中に軟らかい材料を入れて型を取り、固まるのを待って石膏を流してお口の中と同じ模型を作っていました。この場合、型を取る材料や、石膏の変形がどうしてもありました。

 口腔内スキャナーで読み込むことで、精度の高い被せものや詰め物を作製することができます。

 さらに、Trios4には、むし歯の検知機能や被せもののシミュレーション機能などもあります。

 インプラント手術、入れ歯の複製や、マウスピースの作製など他にも多くの機能が豊富にあります。

 ちなみに、当院のTrios4は国内輸入販売1号機です。