親知らずによる障害は普段患者さん自身が自覚することが少なく,季節の変わり目,仕事が忙しい時やかぜをひいたときなど,体調が悪いときに痛みや腫れなどで自覚することがほとんどです。

 親知らずの炎症は一旦薬で散らしても、また再発することが多いので、炎症がおさまってから抜歯します。

  治療法は抗生物質で細菌の勢いを抑えた後に原因の親知らずを抜くこととなります。抜歯後しばらく(約1週間)腫れたり,口が開けにくくなります。

 特に女性の方は妊娠中の障害のことを考えれば予防的に抜歯することをお薦めします。

 当院では、横浜市立大学附属病院の口腔外科医が対応いたします。