堀元歯科医院は都筑区港北ニュータウンの
センター北駅から徒歩1分の歯医者です。

tel

月~金 9:30~12:50 / 14:20~18:30
土 9:00~13:00 / 14:00~17:30

MENU

INFO お知らせ

お知らせ一覧 INFO

新任歯科医師のお知らせ

ニュース

令和3年8月より、吉田泰士先生が着任しました。 吉田先生は、北海道大学卒業で、学生時代に「日本骨代謝学会学術集会」でStudent-Resident Poster優秀賞を受賞しています。

詳しく見る

センター北こども&ファミリー歯科クリニックのお知らせ(小児歯科・こどもの矯正)

最近の子どもたちは、口のまわりの筋肉が弱く、咀嚼する、飲み込むと言った口腔機能の低下が課題となっています。口腔機能の低下は、舌の癖、口呼吸や口がいつも開いてしまい、その結果が悪い歯並びとなって現れます。その原因は、授乳・離乳食から始まる食習慣と生活習慣の変化が考えられます。 また、こどものむし歯は、パパやママからのむし歯菌感染から始まります。 そこで …

詳しく見る

新任小児歯科医師のお知らせ

ニュース

令和3年6月より、月曜日と木曜日の担当医として、宮山友紀先生が着任しました。 宮山先生は、鹿児島大学卒業後に日本歯科大学に在籍し、「日本小児歯科学会専門医」と「日本障害者歯科学会認定医」の資格を取得しています。 宮山先生は、「センター北こども&ファミリー歯科クリニック」を担当します。  

詳しく見る

赤ちゃん歯科・離乳食

 当院には、歯がはえたばかりの0歳児も受診します。むし歯予防はもちろん、口腔機能発達支援で通院されています。  昨今、むし歯のない子どもは増えていますが、その一方で、口のまわりの筋肉発達が弱く、咀嚼する、飲み込むと言った口腔機能の低下が課題となっています。口腔機能の低下は、口をきちんと閉じられない、口呼吸になっている、上あごの成長が横に広がらず、いびきや睡眠時無 …

詳しく見る

横浜市乳幼児健康診査(1歳6ヶ月、3歳) 歯科健診(特例対応)のお知らせ

本当にいい歯科医院

新型コロナウイルス感染症拡大により乳幼児健康診査が福祉保健センターで実施できなかったお子さんを対象として、「歯科医療機関における健診(特例対応) 」が実施されます。 当院も「横浜市個別委託乳幼児健康診査」の実施医療機関となります。 健診は予約制ですので、事前にお問い合わせください。  区役所から医療機関における健診(特例対応)のお知らせが届きましたら、同封されて …

詳しく見る

親知らずの抜歯/CT( 大学病院口腔外科医)

 親知らずによる障害は、普段患者さん自身が自覚することが少なく,季節の変わり目,仕事が忙しい時やかぜをひいたときなど,体調が悪いときに痛みや腫れなどで自覚することがほとんどです。  治療法は抗生物質で細菌の勢いを抑えた後に原因の親知らずを抜くこととなります。  当院では横浜市立大学病院口腔外科の口腔外科医が、他院より紹介された難症例の患者さんを抜歯してきた経験を …

詳しく見る

口腔内スキャナーTrios4を導入しました

   当院では、インビザライン(マウスピース矯正)のための口腔内スキャナー(iTero)を利用していましたが、あらたにTrios4も導入しました。  これまで、お口の中に軟らかい材料を入れて型を取り、固まるのを待って石膏を流してお口の中と同じ模型を作っていました。この場合、型を取る材料や、石膏の変形がどうしてもありました。  口腔内スキャナーで読み込む …

詳しく見る

全熱交換器による換気設備について

 新型コロナウイルス感染症対策として、換気はとても重要とされています。 当院の換気は、機械的換気システムでおこなっていますが、室内の温度が外気の影響を受けてしまいます。そこで、「全熱交換器による換気システム」の設置工事をおこないました。  この工事で、室温への影響も少なくなります。さらに、換気能力を増強し、また、空調機の室内機に外気を直接接続することで、エアコン …

詳しく見る

ホワイトニング

詳しく見る

管理栄養士による離乳食・幼児食相談

子供の予防歯科

歯科医療の大きな役割は、「食育・食支援」と考えています。 子どもたちの歯並びや口腔機能発達は、離乳食から幼児食の食べ方が影響すると考えられています。また、口腔機能低下に伴う飲み込みの障害への嚥下(えんげ)食など栄養管理について「歯科医師」と「管理栄養士」との連携が重要と考えています。 そこで当医院では管理栄養士が、 お子様の発達に合わせた、離乳食や幼児食の内 …

詳しく見る

123 / 8 ページ458

CONTACT お問い合わせ

tel WEB予約(初診の方) WEB予約(歯科衛生士専用)